2017東京モーターショー  ~その1~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

突然ですが、行ってきましたよ。

『東京モーターショー 2017』

数年前に初めて行った時はバイク屋を手伝うとは思っていなかったのと、
一般公開の前に行けたので大混雑している感じはなくって、
普段なかなか触れないような高級車も間近で見れて乗ることも出来たのですが、
今回は平日とはいえ一般公開日だったので人の多さに驚きでした。
あ、自分の仕事は有給休暇を取って行きましたよ。サボってはいないです!!

今回はバイク中心にいろいろ見学してきました。
旦那さんのお手伝いとはいえ、毎日バイク屋にいる私。
少しは何かお勉強して帰らないと!

国内のバイクメーカーは同じ東新展示棟に揃っていました。
展示会場が近いといろいろ見比べることが出来たので良かったですが、
人がギュってしていて大変でした。

あ、好き勝手に感想を言ってますが、あくまでも私一個人の感想です。
どのメーカーも愛情持って作っているのは変わりないと思いますよ。

HONDA

排ガス規制の為、9月に生産終了となったモデルがたくさんあって、
特にモンキーについては中古車、新車とも当店へも問合せが多かったですね。
モンキーバブルもまだ続いてるようですが・・・

ありましたよ。『モンキー125』

でかっ!・・・ 思わず言っちゃった。
今までのモンキーと形は同じに見えるけど、だいぶ大きくなりました。
ちなみに奥にあるのが『スーパーカブ125』です。
どんだけ大きくなったかわかりますか?

同じ125ccでも隣の『スーパーカブ125』と比べても、ギュってなってる感じ。
旦那さん曰く、何もかも違うそうです・・・
このモンキーにドラえもんのスモールライトを当てると、
今までのモンキーになるってわけではないんだね。

ヘッドライトもLEDで明るかったですよ。
シートが厚くて大きい!今までのモンキーのシートがダンゴムシなら、
こっちのモンキーはダイオウグソクムシみたいな・・・
バンコクモーターショーでモンキー・コンセプトとして登場した時よりも、
色合いのせいかシャープさより可愛さが増した気がします。
そして、フロントフォークの感じがグロムに似てる気が・・・
ディスクブレーキでABSもついてますね~。

 

リアフェンダー長くなったね。タイヤも大きいからね。
市販となるとリアキャリアは着くのかな?
サイドカバーに鍵穴がありました。何か小物入れ的な感じなのかな?
メーターもデジタル表示です!

原付二種だけど、タンデムは出来なさそうですね。
大きくなったとはいえ、さすがに二人は乗れそうもないです。

そしてお隣の『スーパーカブ125』ですが、市販されるのかな?

LEDライト、キャストホイール、ディスクブレーキ、ABS装備。
シュッとしたスタイルのカブですね。なんと、こちらはスマートキー。
カラーもちょっとお洒落な感じ。
『モンキー125』も『スーパーカブ125』も実際に市販車となると
大きさや仕様、デザインがもう少し変わるかもしれないですね。

スーパーカブシリーズが1億台突破で2018年には誕生60周年を迎えます。
当店にも国内生産となった新型の『スーパーカブ50』『スーパーカブ110』が、
今月入荷しますが、ホンダのブースではスーパーカブ特設ステージ的なスペースもありました。
当店に飾ってあるスーパーカブのポスターにもありますが、
日本はもちろん、世界中でたくさんの人と一緒に走って、遊んで、働いて、
国籍、性別、年代問わず、たくさんの人に愛されてきたんですね。

 

そういえば、年配のお客様の中にはメーカー問わず原付バイクは全部
「カブ」
って言う方もいるな・・・昔、実家のおじいちゃんも言ってた気がする・・・

さて、『クロスカブ』も新型登場ですね。
ヘッドライト周辺、サイドカバー、リアキャリア、レッグシールドあたりが
だいぶ変わりましたね。スッキリしてよりスポーティなイメージかな?
旦那さんとしては今回の『クロスカブ』のモデルチェンジはなかなか良いそうです。

 

新型のスーパーカブ50・110から国内生産になって、
パッと見は以前のモデルに戻ったようだけど、
セルが標準装備になったり、LEDヘッドライトになったり、
オイルフィルターがカートリッジタイプになったりと
愛らしいデザインはそのままで、より良く進化してるんですね。

進化といえば、世界初の二輪車でのハイブリットの『PCX HYBRID』
大きさは現行モデルとほとんど変わらないようですが、
高出力型リチウムイオンバッテリーとACGスターターでエンジンをアシストするって。
シート下はちょっと狭くなるくらいですかね。

 

完全EV『PCX ELECTRIC』
こちらも大きさは変わりないようですが、脱着可能なモバイルバッテリー搭載。
シート下にモバイルバッテリーを入れるため、シート下のスペースはほぼ無しです。
完全EVなのでマフラーはもちろんありません。
走ってるところを見てないからわからないけど、音ってどうなんだろう?
ブルーのアイシャドーがクールですね。


 

市販予定車についてはいつから、いくらで販売となるのかはわからないですが、
現行モデルと揃って店頭に並ぶ日も近そうですね。

ホンダのブースはまだまだたくさん見てきました。
この続きは次回で!!

 

 

 

関連記事

  1. 珍しいお客様
  2. Monkey125~モンキー125~
  3. 誕生日
  4. 2017東京モーターショー ~その2~
  5. 実家に家族が増えました 【保護ニャン:リリーさんが来たよ】
  6. 急に冬!!・・・でも
  7. 衝撃の事実!【保護ニャン:リリーさん、成長したよ💛…
  8. バイクでお出掛け~白糸の滝・富士宮焼きそばツアー~ 前編

最近の記事

PAGE TOP